ダラシュフうち子の「子ども to えいご日記」

毎日の育児にちょっとだけ英語をプラス!ヒントになるような漫画を描いています。

【その1】アメリカで運転免許を取る方法!〜DMVへ行ってみよう!〜

f:id:uchico93:20200219142101j:plain

 

 

 

f:id:uchico93:20200219142111j:plain

 

 

 

f:id:uchico93:20200219142125j:plain

 

 

 

f:id:uchico93:20200219142137j:plain

 

 

 

f:id:uchico93:20200219142149j:plain

 

 

 

f:id:uchico93:20200219142203j:plain

 

 

 

f:id:uchico93:20200219142216j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はL.A.滞在時代のお話をひとつ。

 

昔も今も、車の運転が大好きなうち子。

留学のために日本での愛車を泣く泣く売り払い、2007年12月に渡米。

 

アメリカのほとんどの都市では車が欠かせない場所が多く、ロサンゼルスも例外ではなかった。

 

短期間、中心部の街ナカを旅行や留学するくらいならおそらくバスと徒歩でも事足りるのですが、断然車があった方が時間も行動範囲も断然自由になる。

 

私が住む予定の場所が車必須のエリアだったということもあり、渡米前から免許を取得して車を所有するつもりでいた。

 

 

 

実際、通い始めた語学学校の周辺には時間のアバウトなバスしか通っていないので先生も生徒もみんな車を使う。

 

私は留学斡旋業者から教わったウェブサイトで渡米前から過去問の勉強を始めた。
(PCでチェックをつけて採点する簡単なもの)

 

問題は日本語だし、慣れると問題はそれほど難しくなく、一番大事な「右側通行であること」を意識すること・英語の道路標識が読めればあとはなんとかなるレベル。

 

本番のペーパーテストも日本語が選択できるそうなので、ウェブサイトで練習しておけば大きな問題はなかった。

 

 

 

私は友達のサポートを受けてDMV(免許センター)に赴き、ペーパーテストは一発合格!!

 

仮免許が届いたら改めて実技試験の予約を入れるのだが、それまでに車も用意しなければならず、通学・車探し・免許の過去問やその日の宿題などを含めた学習・実技試験の予約などを同時進行で行ったのでそこそこヘビーなスケジュールに。

 

晴れて車を手に入れた私は、すでに英語が堪能だった友人に電話で実技試験の予約を取ってもらい、わくわくしながらその日を待った…のですが、渡米した時期があまりよくなくクリスマスや年末年始を挟んでしまったため首を長くして待つことに。

 

 

 

 

次回は実技試験の模様を描きますので乞うご期待❤️