ダラシュフうち子の「子ども to えいご日記」

毎日の育児にちょっとだけ英語をプラス!ヒントになるような漫画を描いています。

早く◯◯!!〜子どもにそう言いたくないママへ〜

f:id:uchico93:20200203131240j:plain

 

 

 

f:id:uchico93:20200203131253j:plain

 

 

 

f:id:uchico93:20200203131303j:plain

 

 

 

f:id:uchico93:20200203131315j:plain

 

 

 

f:id:uchico93:20200203131328j:plain

 

 

 

f:id:uchico93:20200203131340j:plain

 

 

 

f:id:uchico93:20200203131351j:plain

 

 

 

 

 

 

 

「Hop in!! (車に乗って!)」

 

 

このフレーズはアメリカ時代に先生が教えてくれたスラング

 

 

話は少しそれますが、実際に有名な観光地には乗り放題の2階建てバスが「Hop-on Hop-off Bus」という名前で運行していました。

 

このサービスは「Hop-on Hop-off Bus」専用のバス停が一般の公共バスとは別に存在し、観光ルートを効率よく回れるようになっています。

専用のバス停からならパスを見せればどこからでも乗車可能!

複数のルートがあり、あまり間をおかずに次のバスが来るので、数日かけてあちこち行きたい!という方には便利。

 

すぐ乗れて、好きなところですぐ降りられる!

まさに「Hop-on Hop-off」というわけです。

 

チケットは「◯ドルで◯日間使用可能。フェリーや◯◯のチケットがセット!」など、観光客にはお得で便利なチケットなっていましたが、現在でもあまり変わらず運行しているようですね。

 

N.Y.やワシントンD.C.、ロサンゼルスなど世界の大都市にはだいたい走っているよう。

見たことはないのですが、東京にもあるようですよ!!

https://skyhopbus.com/

 

 

 

ところで、なぜ

①自家用車だと「Hop in」

2階建てバスだと「Hop on」

になるのか調べました。

 

 

簡単に説明するとミソとなるのは車の構造。

「Hop on」=「車の屋根に乗る」というニュアンスになるようで、自家用車のように中に乗り込む車に使うとおかしくなるため普通は「Hop in」が適当となるのです。

 

一方、天井にも座席のある2階建てバスの場合は「Hop on」が使えるのですね。

 

 

 

奥が深い英語の世界!

 

こうしたちょっとの違いを理解するだけでワクワクが止まらなくなりますね!

 

補足ですが、発音は「ホッピン!」ではなく「ハッピン!」の方がネイティブっぽくなります(”O”の字は基本的に「ア」の音に近くなります)

 

 

 

 

 

 

余裕がないときにはついつい「早く乗って!」と言ってしまいがちですが、今日からお子さんに「Hop in!!」を使ってみませんか?

 

日本語よりもカドが取れ、ママも子どもも楽しくドライブできるようになること間違いなし!!