ダラシュフうち子の「子ども to えいご日記」

毎日の育児にちょっとだけ英語をプラス!ヒントになるような漫画を描いています。

これだけはダメ!〜あなたって◯◯ね!というほめ方〜

f:id:uchico93:20191007230428j:plain

 

 

f:id:uchico93:20191007230438j:plain

 

 

f:id:uchico93:20191007230449j:plain

 

 

f:id:uchico93:20191007230504j:plain

 

 

f:id:uchico93:20191007230515j:plain

 

 

f:id:uchico93:20191007230526j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

イラストは少々オーバーですが、なぜだかおゆりはモノの上に積み木を積むのが好きでした。

 

赤ちゃんマグの上に積み木を積み、さらにその上に何か乗せる…など。

やたらとバランスを取ることがうまく、上手に(?)できたときは「You did it!」と

よく言っていました。

 

 

 

人間って、年齢に関わらずほめられるの大好きですよね。

赤ちゃんも例外ではなく、意味はわからなくても

「上手にできた!」

「ママが嬉しそうにしている!」

と感じているはずです。

 

世界的に見ても日本人は「自分に自信がない」と答える人がほとんどだそうですが、ほめてもらう教育が足りていないからだそうです。

 

大人がきちんと「よくできたね」「頑張ったね」「よく思いついたね」と認めてあげないことには子どもは自信を持つことができるようになりません。

 

大人とって「そんな簡単なこと」であっても、昨日までできなかった子どもにとってはとても大きな成長だったりするものです。

 

反対に、この間までできていたことができなくなってしまったり(やらなくなってしまったり)することもあります。

 

わたしもついつい「こないだまでできてたでしょ!」「甘えてるだけでしょ!」と言ってしまいがちですが(反省…)できなく(やらなく)なってしまう理由も必ずあるそうなのです。

 

(我が家は、大好きなパパがいるとお着替えができなくなります…(←甘えたいだけ))

 

 

 

 

 

ほめ方にポイントが

 

 

 

 

ただし、ここでポイントとなるのは「あなたって天才!」というほめ方は絶対にしないでほしいということです。

 

「天才」というのは、生まれもってなんでもできるかのような一見褒め言葉としては完璧とも思えるフレーズで、ほめられた方は最初は気を良くします。

 

 

 

例えば算数を学び始めた子が、足し算がよくできたときに

「あなたって天才ね!」

とほめられたとします。

 

さらに引き算がよくできて

「あなたってやっぱり天才ね!」

とほめられたとします。

 

 

そして仮に、2けたの計算でつまづいたとしましょう。

今まで「天才!」とほめられていたのに、自分は計算ができなくなってしまった。

おかしいな…

 

 

 

自分は天才じゃないんだ…

 

 

 

自分はダメな子なんだ…

 

 

 

このような考え方に変わっていきます。

 

 

 

 

掛け算に入るころに、上手にできなくても努力をしようとしなくなっていく…

という図式が成り立ちます。(プロセスはあくまでたとえ話です)

 

 

 

 

 

なぜこのような問題が起きるのか?

 

それは、結果だけをほめていた大人に原因があるからです。

 

 

 

算数の最初でつまづいても、

「頑張ったね」「たくさん練習していたよね」「いっぱい問題解いていたよね」

努力の過程をほめられる子は、努力することを続けようとしていきます。

 

最初はうまくできなくても、頑張ることそのものをほめられた子は「頑張る」ことをやめようとしないのです。

 

頑張っていれば、おのずと結果がついていくようになりますが、それでも結果が伴わないのであれば学習方法に問題があります。改善の必要があるでしょう。

 

 

足し算のテストで思うような点数が取れなくても、

「あなたがたくさん努力したことを、ママはちゃんと知ってるよ。次は頑張ろうね!」

そう声をかけてあげれば、「大人は結果だけを見ているのではなく努力を認めてくれている」と思えるような子になるのです。

(もちろん、ほめるのは頑張っていた時だけです!)

 

 

 

大人なら誰しも経験があると思いますが、学生時代はもちろん、社会に出てからも結果ばかり求められて頑張った過程を見てもらえることって少ないですよね。

 

それはそもそも大人たちがそのように努力をほめられて育っていないから。

日本の教育のもっとも不足しているところの一つだと思います。

 

 

しかし「頑張ってたよね」と言ってくれるような人は、とてつもなく印象に残りませんか?

学生の時に、努力をほめてくれる先生に出会った!という人はラッキーなのではないでしょうか。

 

 

 

テストを見せるたびに結果のみに左右される大人であっては、子どもはそのうちテストを見せに来なくなるそうです。

 

少し話はそれましたが、乳幼児だってきっと同じはず。

 

 

 

もしあなたが子を持つ父親、母親なら、知育玩具で楽しそうに遊ぶお子さんに、

 

「こうやるんだよ」

 

「ち〜が〜う!こうだよ、こう!」

 

と声かけしますか?

 

それともお子さんが考えて考えて体得したプロセスと結果を認め、

「よくできたね!」とほめますか?

 

言わずもがなですが、好ましくない方のほめ方ではお子さんの15年後に差がつくはずですよ!

 

 

 

 

今日からお子さんの「発想」と「努力」をほめてあげましょう!

「You did it!」って、便利なフレーズでしょ?(笑)