ダラシュフうち子の「子ども to えいご日記」

毎日の育児にちょっとだけ英語をプラス!ヒントになるような漫画を描いています。

「ボー!」「ボー!」「ボー!」〜丸いもの探しの日々〜

f:id:uchico93:20190918204838j:plain



f:id:uchico93:20190918163308j:plain

 

 

f:id:uchico93:20190918163314j:plain

 

 

f:id:uchico93:20190918163319j:plain

 

 

f:id:uchico93:20190918163326j:plain

 

 f:id:uchico93:20190918205221j:plain

 

 

f:id:uchico93:20190918163339j:plain

 

 

f:id:uchico93:20190918163344j:plain

 

 

 

 

 

私の記憶では「ゾウ」「ボー」がほぼ同時期に流行し始めました。

 

そこからさまざまな単語が出始めましたが、さらに驚いたことにおよそ1ヶ月後、なんと「アポー(Apple)」まで出始めました。

 

子どもにとってはインプットされた音がアウトプットにつながっただけなので、英単語が出ることなんて考えてみたらすごいことでもなんでもないのかもしれません。
(英語圏の子どもたちは当然英語でアウトプットが始まりますよね!)

 

英語か日本語を「区別して話そう」と思っているわけではないので、この時期にたくさん聴かせた言葉が口から出て当然なのです。

 

ウチの場合、アウトプットはこの時期から始まりましたがお子さんによって本当にまちまち。

 

私の下の甥っ子は2歳半くらいまで言葉が出ませんでしたが、今年の春に見事(なかなか偏差値の高い)高校に入学しましたので、話し始めるのが早いことが一概に良い・悪いと言えないことがわかりますね。

 

お話が始まる前のお子さんをお持ちの方はアウトプットが始まるのを楽しみにして、たくさんの言語を聴かせてあげてください!