ダラシュフうち子の「子ども to えいご日記」

毎日の育児にちょっとだけ英語をプラス!ヒントになるような漫画を描いています。

我が家の学習法〜朝のドリル〜

f:id:uchico93:20190916221104j:plain

 

 

f:id:uchico93:20190916221114j:plain

 

 

f:id:uchico93:20190916221119j:plain

 

 

f:id:uchico93:20190916221125j:plain

 

 

f:id:uchico93:20190916221134j:plain

 

 

f:id:uchico93:20190916221141j:plain

 

 

f:id:uchico93:20190916221146j:plain

 

 

f:id:uchico93:20190916221156j:plain

 

 

f:id:uchico93:20190916221206j:plain

 

 

f:id:uchico93:20190916221215j:plain

 

 

 

 

幼少の頃の私がそうであったように「ひらがな・たしざんなどは小学校一年生に上がってから行うもの」だと漠然と考えていました(控えめに言ってのんきすぎる)

 

育児中のさまざまな出会いによって「それではいけない!」と悟った私は、それはそれはいろいろと調べ倒し、現在のスタイルに行き着きました。

 

いわゆる「教育ママ」にだけはなりたくないと思っているので、ある程度のルールを設けながらもおもしろおかしくをテーマに朝ドリルを行っています。

 

目的はIQをあげるとかお受験を目指すとかそう言ったことではなく、ただただ「学習習慣をつけること」「親が死んでも生き抜く知恵をつけること」「頑張ればだいたいのことができるようになるもんだ、ということを知ってもらうこと」この辺の理由です。

 

我が家はたまたま私が子ども英語の講師をしていたこともあって、娘が1才の頃から文字に触れさせた結果いくつかアルファベットが読めていたことを思い出し「面白いのでもうアルファベットやらせちゃえ!」というノリで早々とメニューに組み込みました。

 

ひらがなを終えたところでカタカナを差し置いてアルファベットを書かせていると「ときどき本当にこれでいいのかな」と思うこともありましたが、絵でも描いているような感覚で楽しそうに指でプリントをなぞる娘を見ていると、何が正解かなんてわからないもんだと思ったものです。

 

とにかくおもしろおかしく!母親が道化師になって遊び半分で学習と感じさせずにやることが、いまのところの我が家のモットーです^^